« スパーキー佐藤は遅漏ではありません。射精をコントロール出来るのです | トップページ | 朝勃ちからのオナニーは、早漏の人でもすぐには射精しない »

2018年12月10日 (月)

早漏の克服とは、射精をガマン出来るという意味ではない

セックスで女性が満足する前にあえなく射精してしまう早漏でお悩みの方は、「どうすればもっと長く射精をガマン出来るのかな」と考えてしまいますが、そもそも早漏を克服するというのは射精をガマン出来るようになる事ではないのです。

スパーキー佐藤は男性の性器がセックスやオナニーの開始から終わりまでの状態を6段階に分けています。この5段階目にまで達してしまうと、もう男性はどうやっても射精をせずにいるというのは不可能なんです。

最後の悪あがきとしてほんの少しだけ射精を遅らせる方法は無いわけではありませんが、そこまでしか出来ません。この射精寸前の状態まで快感が高まってしまったらもう射精は避けられないのです。
早漏を克服するというのは、この射精寸前の状態にまでペニスの快感が高まらないようにする方法を身に付けるという事。
スパーキー佐藤が「射精コントロール」と呼ぶのも頷けますよね。

« スパーキー佐藤は遅漏ではありません。射精をコントロール出来るのです | トップページ | 朝勃ちからのオナニーは、早漏の人でもすぐには射精しない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早漏の克服とは、射精をガマン出来るという意味ではない:

« スパーキー佐藤は遅漏ではありません。射精をコントロール出来るのです | トップページ | 朝勃ちからのオナニーは、早漏の人でもすぐには射精しない »